毎朝の習慣

私は朝、目覚めて行動を始める前に

必ずやっている習慣があります。

かれこれ20年近く続けています。

それは。。。

1杯のお白湯を飲むことです。

人肌くらいの温度のお白湯。


ブルーボトルにお水を入れて

朝日のあたる窓際に常時置いています。

そのお水を沸かしてお白湯を作ります。


水道水ですが、口当たりが

まろやかになっている気がします。

山へ行くと、必ず湧き水を5リットルくらいの

大きいボトルに入れてきます。

純度が高い山の湧き水は

それはそれは甘くて美味しい。

水が甘いのです。。。ホントに。

今までは、健康のためにと思いながらも

何気にゴクリと飲んでいました。

でも、最近は毎朝、1杯のお白湯を飲むときに

ひとつの作法をするようにしました。


それは、両手でコップを包み込み

お白湯を飲めることに感謝すること。

今日一日、関わる出来事や人に思いを馳せること

家族に思いを馳せること。


5分間くらいでしょうか。。。

コップを両手で包み込む時間。

気力がじわじわと沸いてくる感覚を味わっています。


人の身体は体重の約60%が水分。

朝、目覚めて飲む水分は身体への

影響も大きいのではと思うのです。


丁寧な暮らしをしたいと思いつつも

毎日、ドタバタ劇を繰り返している私です。

せめて一日のスタート、朝に

健康のためにも

心の栄養のためにも

美味しいお白湯を大切に

飲むようにしようと思い立ったのです。


今朝もいつもの様にお白湯をいただきました。

ああ。。

それなのに。。

それなのに。。

いつの間にかバタバタと時間は過ぎ去ってゆく。

「侃々諤々」

反省しつつ。。。日は暮れました。


心がけても ついつい流されてしまいます。

でも、こうして気づくことができるのは

ゆっくりとお白湯をいただいていることも

影響している気がします。


明日の朝も美味しいお白湯を

両手で包み込み、いただこうと思います。

日々是好日、空を見上げて深呼吸