感謝。感じて謝り、謝って感じること。

自分にとって良かったと感じること。

自分の思う通りにものごとが進んでいるときは

気分も良く、感謝の気持ちも込みあがる。


放っておいても、感謝という気持ちになり、感極まる。

嬉しい、楽しい、喜ぶことがあって 感謝。

もちろん、そのような機会を多く味わいたいと願う。


ふと、思った。

まったく逆の状況にいるときにこそ

感謝する気持ちがわいてくることも然り。

逆もまた真なり。


いろいろな出来事の狭間で感じること。

手放しで喜ぶような状況でもなく

なぜ、こんなにもくねくねと曲がった道ばかり

目の前に現れるのだろう。。と感じるときにこそ

あ~、そうだったのか。と、自分にとって大切な何かを

気づくチャンスが巡ってくることもある。


何かに気づく。

キャッチできる自分の純粋な気持ち。

何を大切にしたいのか

自分の本質に気づく。


何かを感じて、謝り

謝っては、何かを感じる。

そのときに何を感じるかは、人それぞれ。

それは、その人にとっての真実が見えたとき。


目に見える現象は、心の鏡。

目には見えなくとも、大切なことはそこにある。


自分なりの感度を上げていきたい。

感じて、謝り。。。謝っては、感じ。

感謝する度に、心の目は澄み渡ってくる。


何があっても 感謝するということを

体験の中で 気づかせてもらっている。