ゼロからの…テント?

昨日は久しぶりに

かつての可愛い後輩と

長々と語り合いました。

半年前に職場を退職しましたが

私のことを「師匠」と慕ってくれた人です。


今でもお互いの人生を

応援しあう良き仲間です。

おしゃれなカフェで話したのだけど

写真は全くなし。。。。。

いつもながらの山の大自然の写真です。

彼女から出た言葉。

「〇〇〇さん、テントからスタートですよ!」

真顔で言いました。

「お~ その発想は無かった!」

何だか妙に附に落ちた瞬間。


「テントねえ。。

テントかあ。

スペースは作れるわね。。

うん、テントも良いかもね」

おもしろいかもしれない。


すべてが揃ってからのスタートで

なくて良いのです。

というか。。。。

準備万端に整ってからのスタートはあり得ないこと。

資金無し。

コネなし。

無し無しづくしの私ですが

「おもてなし」の気持ちはたくさんあります。


なんでもやってみる。

この心意気が大事。

それが良いのです。


水だって 最初から大きな川の流れには

ほど遠い山のてっぺんの大地からにじみ出ているのです。

一滴の水から大河になる。

そう思えば、何だってできる。

要は

「やるか」

「やらないか」

それだけ。

シンプルです。

そう思うと、何だかやれそうに思えてくる。


そして 彼女は真顔で

またまた言い放ったのです。

「〇〇〇さん、半年後ですよ。

まずやってみましょうよ!!」

「ほお~ 私は5年後と思っているのだけど。。」

「それは 大事に思いすぎているからですよ。

まず1回 半年後にやってみましょうよ」

「なんとまあ~ 人ごとだと思って

軽く言いますね。。」と言うと

「人ごとですけど、〇〇〇さんはきっとできるんです」


でも まあ そう期限を決めると

「じゃあ 何から準備を始めようかな」

と 具体的な計画へとシフトしています。


石の上にも3年。

石の上にも杉の木。


山奥の大自然の場所へ訪れて来てくださり

「ありがとうございます!」の気持ちを伝えるために

テント張れば良いのかもと思えてきました。


ピュアで素朴そのものが「売り」なのかもしれません。

それが 私の世界観かも。。