運命の扉が開いた日かも

今朝、目が覚めて窓の外を見ると

あたり一面、銀世界が広がっていました。


向かいの家の屋根の上には

こんもりとした白い雪。

目にまぶしいですね。


本日も遅番勤務。

出勤時は道路の雪はすっかり溶けていました。

急いでいたので、写真を撮る余裕もなく

植栽の上にふわりとかぶさっている雪を

横目に自転車を走らせました。

ああ~ 写真を撮りたい。


今日は待ちに待った打ち合わせが1本。

来年度に向けて、新たな取り組みが

スタートする予定です。


そして、実は個人的にも

やっとこのタイミングが巡ってきたと

実感しています。


先方のお話をお聞きしていると

6年前がひとつのターニングポイントと

いうことを知りました。


私も6年前は大きな節目でした。

そして、その方とも毎年1回

情報をご提供くださる度に

お会いしていたのですが。。。


お互いに機が熟していなかったようです。


「コラボしましょうね」と話をしていましたが

こちらに全く余力がない状況でした。

もし、何かスタートしたとしても

私一人で抱え込まなければならない実情は

目に見えていましたので、ずっと足踏み状態でした。


時は流れ。。。。

年末から新年に向けての展開。

機は熟した。


そして、個人的にも

機は熟した。


次のステージに進む準備が

着々と整ってきているように思います。

後は行動するのみ。


もしかしたら 6年前から水面下では

粛々と進んでいたかもしれないと

お話を聞いていて、ふと思いました。


沸々と込みあがってくる

エネルギーを感じます。


「灯は決して消えていなかった」

「思いのあるところに道は開ける」

チャレンジあるのみ!


奇しくも本日、米寿を迎えた伯母の

句集が届いた日でもあります。

巡り合わせに感謝の日です。



日々是好日、空を見上げて深呼吸

自然を愛し、何気ない日常に見出す喜び、幸せを文章にしたためたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。